FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッズ・ジョーク#7

久々のジョークを一つ

A: Why did the teacher wear sunglasses to school?





B: Because she has a bright student.



わかったかなあ?? 

「なぜ先生は学校にサングラスをしていったのでしょうか?」

「それは、すごく賢い生徒がいるからです。」

bright という言葉は、「明るい、まぶしい」という意味ですが、「頭がいい」という意味もあるんですよ。

この "bright" という言葉はとてもよく使うし、いい意味での「賢い」という言葉にぴったりです。

「賢い」と言って、習った言葉で思い出すのは "clever" だったりして?
でも"clever" は、「頭がいい」という一般的な意味より、「機転がきく」とか「如才ない」とか、ちょっと意味あいが違う感じがしますね。

それから、人ではなく物事に、この clever を使うことも多いです。

That was clever.    「それは賢い(選択)だったね。」

みたいな感じです。

"bright"は、成績がいいときによくつかわれます。
それより一般的に「賢い」という場合は、 "smart" が多いかな? でも、ほとんど同じように使って問題ないと思います。

Jon is a bright student.

Jon is a smart kid.


ではまた♪

⇒ ポチっとしていただくと、とっても嬉しいです♪ ⇒ ⇒
にほんブログ村 英語ブログへ 

スポンサーサイト

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

キッズ・ジョーク #6

インフルエンザが猛威をふるっていますねえ。 毎年のことながらやな感じです。
私は毎日ビタミンCをとっていますが、ある説によれば、あまり効き目(予防)はないとのこと・・・

さて、今日のキッズ・ジョークは学校編。

Q: What did the pencil say to the other pencil?




A: You're looking sharp!


「鉛筆が他の鉛筆に何か言いました。なんて言ったでしょう?」
 「君、シャープだねえ!」

"sharp" にはいろんな意味があって、ここでは「かっこいいね」くらいの意味でしょうか。

"sharp" には、"intelligent" の意味もあります。

He is a sharp kid. (あの子は頭がいいね。)

それに関連して、ジョークをもう一つ。


  A: Why was the candle flunking school?



  B: Because he wasn't too bright
.


 「どうしてろうそくは落第しちゃったの?」
 「あまり頭がよくないからさ。」

"bright" も 「頭がいい、賢い」っていう意味。ライトの明るさとかけてるんですね。


ホーム・ティーチャー・英語教材のことなら
http://www.lingualplusj.co.jp

⇒ ポチっとしていただくと、嬉しいです♪ ⇒ ⇒
にほんブログ村 英語ブログへ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

キッズ・ジョーク #5

 今日は寒さも一段落な感じですね。インフルエンザがはやっているようです。
気をつけましょう。

ちなみにインフルエンザは、"flu" (フルー)と短く言うことが多いです。

さて、久々にキッズ・ジョークです。


  Q: Where can you play elastic guitar?



  A: In a rubber band
.


  「ぐにゃぐにゃのギターはどこで弾ける?」

  「輪ゴム で弾けるよ。」

"elastic" という言葉は、「伸び縮みできる」というような意味で、例をあげれば「ゴム
それで、"rubber" が出てきました。 

輪ゴムのことは "rubber band" というので、この "band" で、音楽のバンドと引っかけたわけですね~

ホーム・ティーチャー・英語教材のことなら
http://www.lingualplusj.co.jp

⇒ ポチっとしていただくと、嬉しいです♪ ⇒ ⇒
にほんブログ村 英語ブログへ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

キッズ・ジョーク #4

 クリスマスも迫ってきて、住宅街を歩くと、イルミネーションがあちらこちらに。
日本でも自宅を飾る人が随分増えてきましたね

ちょっと久しぶりにキッズ・ジョーク♪

    Q: When does Christmas come before Thanksgiving?





    A: In the dictionary.


ちょっと質問的に無理があるかな

   「クリスマスが感謝祭の前に来るのは?」

   「辞書の中」

というわけです。 辞書的には C のほうがずっと早いですからね。

"Thanksgiving" というのは、11月の第4木曜。日本には入ってきていないイベントなので、ちょっと馴染みないですけど。

アメリカでは、Thanksgivingが終わると、クリスマスへの準備に入るんです。

Thanksgivingでもターキーを食べるので、年末はターキーが大活躍です



ホーム・ティーチャー・英語教材のことなら
http://www.lingualplusj.co.jp

⇒ ポチっとお願いします ⇒ ⇒
にほんブログ村 英語ブログへ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

キッズ・ジョーク #3

 甘いものがやめられず、体脂肪の上昇に凹んでいます。
デニッシュは、まじカロリーが高いのでやめましょう(と自分に忠告)

今日のキッズ・ジョークはこんな感じです♪

    Q: What kind of nuts should you say "Bless you!" to?



   A: Cashews
!



ちょっと難解です・・・ 

 「どんなナッツ(ここは「おばかさん」という意味で使ってるのかな?)に、「ブレシュー!」(これは、相手がくしゃみをした時に言う言葉)といえばいいでしょうか?」

 「カシュー!」

はあ~?って感じですよね。 

え~、解説をしますと、「カシュー」がナッツの一つであることは知ってると思いますが、「カシュー」という音が、くしゃみの音「アチュー!」(Achoo!) に似てるからですね。

つまんないです? 

でも、いろいろお役立ち表現もあるので、そこんところを解説しましょう。

"nuts" はもちろん 「ナッツ」ですが、これもスラングで、「おかしなやつ」とか「おばかさん」みたいなニュアンスで使われます。 "crazy" と一緒な感じです。

    Are you nuts? 「ばかじゃないの!?」

使えそうですよね 
この場合、「なにやってんの?」「どうしてそんなことしたの?」的な状況でよく使います。

それから  "Bless you" ですが、これはよく聞くと思いますよ。
アメリカ(たぶんイギリスも?)では、 「神のご加護がありますように」という意味で言うわけです。
くしゃみ "sneeze" をすると、魂が抜けるとか、そういう古い言い伝えがあるらしく、くしゃみした人にはなにか声をかけるようになったようですよ。

私の知人でドイツ系のアメリカ人は ドイツ語で "Gesundheit" (ゲズントハイト)と言いますね。


ホーム・ティーチャー・英語教材のことなら
http://www.lingualplusj.co.jp

⇒ ポチっとお願いします ⇒ ⇒
にほんブログ村 英語ブログへ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

わたぼうし

Author:わたぼうし
わたぼうしです★
英語バカです。言語バカかな?
英語の楽しさを伝えたい。
何事も楽しく楽しく~♪

お勧めで~す
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
クリック募金
クリックで救える命がある
英単語2択クイズ
お散歩英語 English Walk
edita
edita.jp【エディタ】
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。