FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッズ・ジョーク#7

久々のジョークを一つ

A: Why did the teacher wear sunglasses to school?





B: Because she has a bright student.



わかったかなあ?? 

「なぜ先生は学校にサングラスをしていったのでしょうか?」

「それは、すごく賢い生徒がいるからです。」

bright という言葉は、「明るい、まぶしい」という意味ですが、「頭がいい」という意味もあるんですよ。

この "bright" という言葉はとてもよく使うし、いい意味での「賢い」という言葉にぴったりです。

「賢い」と言って、習った言葉で思い出すのは "clever" だったりして?
でも"clever" は、「頭がいい」という一般的な意味より、「機転がきく」とか「如才ない」とか、ちょっと意味あいが違う感じがしますね。

それから、人ではなく物事に、この clever を使うことも多いです。

That was clever.    「それは賢い(選択)だったね。」

みたいな感じです。

"bright"は、成績がいいときによくつかわれます。
それより一般的に「賢い」という場合は、 "smart" が多いかな? でも、ほとんど同じように使って問題ないと思います。

Jon is a bright student.

Jon is a smart kid.


ではまた♪

⇒ ポチっとしていただくと、とっても嬉しいです♪ ⇒ ⇒
にほんブログ村 英語ブログへ 

スポンサーサイト

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わたぼうし

Author:わたぼうし
わたぼうしです★
英語バカです。言語バカかな?
英語の楽しさを伝えたい。
何事も楽しく楽しく~♪

お勧めで~す
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
クリック募金
クリックで救える命がある
英単語2択クイズ
お散歩英語 English Walk
edita
edita.jp【エディタ】
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。